メモ帳

備忘録

Kaien(就労移行支援)の個別面談に参加した

経緯

前の記事では、説明会に参加したときの様子を書いた。 説明会では、希望者を対象にした個別の面談(キャリア相談)の予約も行っていたので、せっかくなので予約した。 今日はその面談に行ってきたので、その様子を書き残しておくことにする。

個別面談

自分が参加したキャリア相談の会場はKaien秋葉原サテライトという場所だった。 Kaien秋葉原サテライトは東自機ビルというビルの3階にあった。 エレベーターを降りると左にトイレ、正面にKaien秋葉原サテライトのドアがあった。 ドアにはブザーが付いていたが、ドアの前に置かれた看板には、時間になったらブザーを押さずに中にお入り下さい、というようなことが書かれていたので、そのまま入ることにした。

案内された会場はまさにKaienの訓練生が作業をしている部屋の中だった。 訓練生たちは二つのテーブルに分かれて作業を行っていた。 一方のテーブルでは、訓練生がPCに向かいながら何らかの事務作業を行っていた。 もう一方のテーブルでは、訓練生がパンフレットを三つ折りにする作業などを行っていた。

面談を含めた当日の流れは以下のような感じだった:

  1. それぞれのコースの訓練生から訓練内容の説明
  2. 会場に来た順にKaienスタッフと面談
  3. 面談後はアンケートに回答して解散

まず、スタッフから軽く説明を受けた後、二人の訓練生から、作業内容について説明を受けた。 一人の訓練生は、寄贈された本をクリーニングし、ネットで販売する作業を行っているとのことだった。 後で調べた感じだと、おそらくKaienオンラインショップの「こしょ こしょ あきはばら」のための作業を行っているのだろう。 もう一人の訓練生は、パンフレット作製等の軽作業、データ入力などの作業について説明していたような気がする(この辺りは極度に緊張していたため詳細を覚えていない)。

訓練生二人の説明を聞いた後、個別面談が始まった。 面談をするスタッフが一人しかいなかったため、自分の番が回ってくるまでの間、しばらく待たされた。 待っている間は、Kaienが発行しているDecobo通信を読んで時間を潰した。 20~30分程度経ったところで自分の番が回ってきた。

面談では、まず、質問があるかと訊かれたので、以下のような質問をした:

Q. Kaienの公式サイトには、目指すキャリアに応じてOA事務特化コース、クリエイティブ専門コース、特例子会社コースの三つのコースの中から選択できると書かれていたが、先ほどの部屋で訓練生が行っていた作業はそれぞれどのコースのものか?
A. パンフレットを三つ折りにする作業などの軽作業などは特例子会社コースで、古書を売るための作業はOA事務特化コースのものとなっている。

Q. クリエイティブ専門コースの詳細について伺いたい。
A. クリエイティブ専門コースは11月からKaien代々木で始まる(スタッフもコースの詳しい内容は知らないような雰囲気だった)。

質問の後は、学生時代に印象に残っていること、発達障害と診断されるに至った経緯、転職を希望する理由などについて聞かれた。 まさか「学生時代に印象に残っていること」なんて面接みたいなことを訊かれるとは思っていなくて、しどろもどろになってしまった……。

体験利用の予約もできますと言われたため、11月以降にクリエイティブ専門コースの体験はできますか、と訊いたところ、今のところまだ分からないという様子だった。 クリエイティブ専門コース以外は利用するつもりはないのでとりあえず体験利用はまたの機会にとさせていただいた。

面談が終わった後は、PCでアンケートに回答して終了だった。

感想

あまりの緊張で、障害者手帳のことと、就労移行支援を利用するためのサービス受給者証のことを詳しく聞くのを忘れてしまったけれど、説明会のときに聞きそびれたクリエイティブ専門コースのことを詳しく聞けて良かったと思う。

Kaienのスタッフさん、本日はありがとうございました。

Kaien(就労移行支援)の説明会に参加した

経緯

2018年6月に精神科でASD自閉症スペクトラム)と診断された。 現在は半年契約の仕事に就いていて、その契約が来年の3月末で切れることになっているので、契約が満了する前に転職に向けて色々と動いておこうと思ってKaienの説明会に申し込んだ。 今後、Kaien以外の就労移行支援の説明会・体験にも参加予定。

申し込み

まず、Kaienの説明会へは、以下のページから申し込んだ:

申し込み直後に「申込受付完了のお知らせ」という件名のメールが届いた。 そのメールの末尾にFAQがあり、スーツで参加する必要はないと書かれていたので当日は普段の服装で参加した(実際、スーツを着ている人はほとんどいなかった)。

説明会当日

説明会が始まるのは10:00からで、開場はその30分前から。 申込受付完了メールに、当日の服装はスーツでなくても良いと書かれていたので普段の服装で参加した(実際、スーツを着ている人はほとんどいなかった)。

説明会の会場へ入る際に、スタッフから5つの資料を渡された。 それぞれの資料の内容は以下の通り:

  1. サービス内容を説明した資料
  2. 求人の一例
  3. 個別相談のスケジュールなどが書かれた紙
  4. 利用者の体験談などが載った「Decobo通信mini」という冊子
  5. アンケート用紙

10:00から説明会が始まった。 自分は就労移行支援だけの説明会だと思って参加したが、今回参加した説明会は、就労移行支援、ガクプロ、キスド会、マイナーリーグの説明会を兼ねていたらしく、それぞれのサービスの詳細について説明があった。 説明会は50分程度で、パワーポイントで作成されたスライドに沿って進められた。

説明の流れは以下のような感じだった:

  1. 会社の概要と特色、各サービスの概要
  2. 就労移行・就労定着について(どんな支援を行っているかや、就労実績、利用料金の説明)
  3. ガクプロ(https://www.kaien-lab.com/gakupro/univ/)について(料金体系、どんな人が利用しているか、内定者数など)
  4. マイナーリーグhttps://mlg.kaien-lab.com/)の紹介
  5. キスド会(奇数週土曜日に開催される当事者会)の紹介
  6. それぞれのサービスを利用するために必要な手続き・書類等の説明

エヌユルさんがKaienの説明会に参加したときの上のツイートを読んでいたので、若干警戒した状態で説明会に挑んだのだけど、自分が参加した説明会はキラキラした雰囲気はなく、淡々とサービス内容について説明する感じだった。 説明会の内容は事業所や担当者によって違うようだ。 サービス内容については事前にネットで色々調べていたので目新しい情報は特になく、ここ(https://www.kaien-lab.com/jobassistance/jobassistance/)に書いてあるような情報がほとんどだった。

説明会の後は、質疑応答。 割とみんな積極的に質問をしていた。

質疑応答が終わった後は、個別相談を希望する人だけ残って個別相談の予約をして、それ以外の人は解散、という感じだった。

Nexus 5Xが起動しなくなったが、修理に出したところ無償で修理されて帰ってきた

9月10日の夜に突然、Nexus 5Xが起動しなくなったが、思い切って9月11日午後にゆうパックで修理に出してみたところ、9月13日午前には無償で修理されて戻ってきたのでメモ。

症状

9月10日の夜に十分に充電してあるはずのNexus 5Xの電源がいつの間にか切れていた。 知らない間にクラッシュして電源が落ちたのかと思い、電源ボタンを押したが、起動しない。 非常時の起動方法についてネットで調べたところ、次のようなページがヒットした。

このページを見ながら30秒ほど電源ボタンを押してみたが、それでも起動しなかった。

無償修理の可能性

その後もさらに調べてみたところ、「Google Storeから直接購入したNexus 5Xを修理に出したところ(保証期間外であるにもかかわらず)無償で基板交換されて戻ってきた」というような内容の記事が幾つかヒットした。

自分のNexus 5XもGoogle Storeから直接買ったものであったため、修理に出してみることにした。

LGのサポートセンターに連絡

さっそく次のページからLGのサポートセンターと連絡を取ってみた。

すると、以下のような返信が来た。

こちらはLG Electronics Japanでございます。 
お問合せ頂き有難うございます。 

この度は製品ご不便をお掛けし、誠に申し訳ございません。 

お伺いしております内容につきまして、 
本体電源ボタンを20秒以上長押し頂き、 
改善なされるかご確認を頂けますでしょうか。 
改善なされません際、お預かり修理対応が必要でございます。 

故障内容により、無償可能性もございます為、 
一度お預かり、検査をさせて頂けましたら幸いでございます。 
※注意 : 破損/水没等、お客様過失がございます際、有償対応でございます。 

お預かりご希望時、下記に沿って製品送付の程、宜しくお願い致します。 


【修理保証規定】 
・修理不可 : 海外販売 / 並行輸入 / root化含む不正改造 / 身元不明の製品等は有償無償問わず修理不可です。 
【有償修理の流れ・注意点】 
・修理の流れ : 診断 →有償判断時、見積書メールお届け →お客様振込 →修理進行 →出荷 
・診断後修理キャンセルご希望時、税別3,000円+返送料が発生致します。 
・お支払い方法 : 見積記載/弊社指定口座へ銀行振込み。 
(※振込手数料お客様ご負担です) 

■【製品送付について】■ 
(1)製品が窓口に届いた段階で 
データは削除・工場出荷状態に初期化されますのでご了承下さい 

(2)下記は送らないで下さい 
 ※保護ケース/シート/シールまたは、SD/SIMカード等の付属品 
   (未返却時の対応は承っておりません) 

(3)お客様と製品の情報書いたメモを同梱下さい 
 ※氏名 / 住所 / Tel / Eメールアドレス / 症状 / その他ご要望 
   (お客様へ修理センターからご連絡時に使用します) 

(4)購入証明書を同梱下さい 
 ※購入日(契約日) / 店舗や会社名 / 製品名 の3点判る書類 
   (契約書 / レシート / 納品書等が該当します) 

(5)送料について 
・着払い (※運送業者の指定はございません) 

(6)送付先 
・宛先 : 〒135-0016 東京都 江東区 東陽5-30-13 東京原木会館8F 
・宛名 : LGモバイルサービス 
・連絡 : 03-6674-1381 

以上、恐れ入りますが、何卒宜しくお願い致します。 

この指示に従い、以下のものを用意した:

  • スマートフォン本体(SIMカードは抜いておいた。保護ケースもはずしておいた。画面保護フィルムは剥がさずそのままにしておいた→結果的に画面保護フィルムは剥がされたりせずにそのまま戻ってきた)
  • Google Storeから購入したときの購入明細メールを印刷したもの
  • 氏名 / 住所 / Tel / Eメールアドレス / 症状 / その他ご要望、を書いたメモ(自分の場合、その他ご要望は特にないので書かなかった)

梱包方法については特に指示がなかったので、とりあえずNexus 5Xをプチプチで包んでセロハンテープで留めたものを、適当な大きさの箱に入れて新聞紙を詰めて固定し、ガムテープで段ボールに蓋をした。 運送業者も特に指定がなかったので、ゆうパックで送った。 着払いで送るようにと書かれていたので、着払いで送った。

修理

ゆうパックで送った翌々日の朝、修理されたNexus 5Xが佐川急便で送られてきた。

以下、同封されていた書類: f:id:funct:20180913105158j:plain f:id:funct:20180913105245j:plain

LGさん、迅速なご対応、ありがとうございました。 Googleさん、日本でも早くGoogle Pixel出して…。

Windowsを再インストールして音が出なくなった(スピーカーのデバイスが表示されない)場合の対処法

症状

HP ENVY h8-1560jpでWindowsリカバリしたところ、PC本体のイヤホンジャック経由で音が出なくなった。 音の出力先がHDMIになっているのかと思い、サウンドの設定を確認してみたところ、そもそもスピーカーの項目自体が表示されていなかった。

対処法

次のサイトに従って操作したところ、再びイヤホンから音が出るようになった: How to Fix IDT High Definition Audio CODEC Driver Problem - Driver Easy

  1. (スタートメニューを右クリックするなどして)デバイスマネージャーを開く
  2. サウンド、ビデオ、およびゲームコントローラー直下にある、IDT High Definition Audio CODECを右クリックし、ドライバーの更新をクリックする。
  3. 二つあるボタンのうち、下にある「コンピューターを参照してドライバーソフトウェアを検索」と書かれたボタンを押す。
  4. 下にある「コンピューター上の利用可能なドライバーの一覧から選択します」と書かれたボタンを押す。
  5. 「High Definition Audio デバイス」を選択し、「次へ」を押す。
  6. 注意書きが出るが、「はい」を押す。

どういう理由で治ったのかはよく分からないけど、とりあえずこれで治った。

ノートパソコン TX/66E の液晶パネル LP154WX4 をモニターとして再利用する

電子機器の知識が全くないので正しく接続できているのかが若干不安だけど、一応動いたのでメモとして書き残しておく。

  1. 自分の持っている液晶パネルに対応したコントローラー基板を買う。LP154WX4の場合はhttps://www.amazon.co.jp/gp/product/B01N33HC03/など。
  2. 下の画像みたいな感じで適当に接続する。 f:id:funct:20180805143526j:plain

LaTeX Workshop + Sumatra PDFの設定

目的

LaTeX Workshopでは内蔵PDF viewerでもPDFのプレビュー表示ができるものの、Sumatra PDFで表示した方が動作が軽快なので、内蔵PDF viewerの代わりにSumatra PDFを利用したい。 具体的には、Visual Studio Code上で以下のような操作を行えるようにしたい:

  • Sumatra PDFで文章をダブルクリックすると、VS Codeでその行が表示され、
  • VS CodeSyncTex from cursorをすると、SumatraPDFでその行が表示される。

SumatraPDF側の設定

Settings > Options > Set inverse search command-lineに"C:\Program Files\Microsoft VS Code\Code.exe" -g "%f":"%l"と入力する。

Visual Studio Code側の設定

settings.jsonに以下のような内容を追記する:

"latex-workshop.view.pdf.viewer": "external",
"latex-workshop.view.pdf.external.synctex": {
    "command": "SumatraPDF",
    "args": [
        "-forward-search",
        "%TEX%",
        "%LINE%",
        "%PDF%"
    ]
}