メモ帳

備忘録

WindowsでSourceTreeからGitHubに接続しようとしたらエラーが出た

症状

GitHubで作成したprivate repositoryをSourceTreeからcloneしようとすると、以下のようなエラーが出て、cloneに失敗する:

git: fatal: remote error: Repository not found

解決法

自分の環境では、以下の2つの操作をしたところ上記の問題が解決した:

経緯

GitHubで作成したprivate repositoryをSourceTreeからcloneしようとすると、以下のようなエラーが出て、cloneに失敗した:

git: fatal: remote error: Repository not found

仕方がないのでWindowsコマンドプロンプトからcloneしてみたところ、以下のようなエラーが出るものの、普通にclone出来た:

fatal: HttpRequestException encountered.

その代わり、この方法だと、毎回ユーザー名とパスワードの入力を求められる。

また、普段使っているテキストエディタSublime Text 3)からpush, pullの操作を試してみたが、当然こちらも正常に動かない(エラーメッセージがどんな内容だったかは覚えていない)。

検索してみたところ、次のページで同じ症状で困っている人を発見した : github - SourceTree - git: fatal: remote error: Repository not found - Stack Overflow。 しかし、このページの回答を参考にSourceTreeの設定からアカウント情報を設定し直しても、自分の環境では、事態は改善しなかった。

次に、せめて毎回パスワードの入力を求められるのだけでもなんとか出来ないかと思い、色々検索してみたところ、次のようなページを発見した: Caching your GitHub password in Git - User Documentation。 このページを参考にして次のコマンドを実行したら、ユーザー名とパスワードの入力を求められることがなくなった:

git config --global credential.helper wincred

しかし、これでも、fatal: HttpRequestException encountered.というエラーが出るのは直らなかった。 そこで、さらに検索してみたところ、自分と同じようにfatal: HttpRequestException encountered.のエラーで困っている人を次のページで発見した: HttpRequestException and then I'm prompted for username · Issue #488 · Microsoft/Git-Credential-Manager-for-Windows · GitHub。 このページに、Gitのトレースモードをオンにするための方法が書かれていた:

Run SET GIT_TRACE=1.

Run SET GCM_TRACE=1.

コマンドプロンプト上でこの2つの命令を実行したあとにgit pullを試してみたところ、fatal: HttpRequestException encountered.というエラーが出る直前に、git-credential-managerというものが呼び出されているらしいということが分かった。 そこで、Release Git Credential Manager for Windows v1.14.0 · Microsoft/Git-Credential-Manager-for-Windows · GitHubからGit Credential Managerの最新版をインストールしてみたところ、最初に述べた全ての問題が解決した。