メモ帳

備忘録

就労移行支援について

就労移行支援について個人的に調べた情報をここにまとめておくことにする。 実際に就労移行支援の説明会・面談に行ったときのレポートは以下の記事を参照。

対象となる人

厚生労働省のHPによると、「就労を希望する65歳未満の障害者であって、通常の事業所に雇用されることが可能と見込まれる者」が対象となっている(障害福祉サービスの内容 |厚生労働省参照)。

障害者手帳を持っていなくても医師や自治体等の判断によって利用できるため、手帳なし発達障害でも利用できる。

利用するために必要なもの

利用するためには、障害福祉サービス受給者証というものが必要。 これは実際に利用する段階になって行政に申請して取得するもの。

単に就労移行支援を利用するだけなら障害者手帳は必要ない。ただし、事業所から紹介される仕事のほとんど(もしくは全て)が障害者雇用枠になっているようなので、もし事業所から仕事を紹介してもらうつもりなのであれば、後々障害者手帳を取る必要が出てくるかも知れない。 例えば、Kaienが運営している就活・転職サイト「マイナーリーグ」にある求人はすべて障害者雇用枠の求人となっているようだ。

利用料金

前年度の世帯所得に応じて自己負担月額が変わる。 だいたいどこの事業所でも9割以上の利用者が無料で利用しているようだ。 利用料金の詳細については障害者の利用者負担|厚生労働省を参照。 所得を判断する際の世帯の範囲は、本人とその配偶者までとなっているため、実家暮らしで親に収入があっても利用者本人の収入が低ければ無料で利用できるようだ(?)

就労移行支援事業所に通う交通費や食費、その他就労にかかる費用は基本的には自己負担になる。 ただし、事業所によっては交通費が出るところもある模様。 例えば、Kaienでは、利用日数に応じて一か月あたり最大1万円の通所助成がある(発達障害特化の就労移行支援・定着支援 : 就労移行支援 - 株式会社Kaien参照)。 事業所によっては昼食が出るところもあるようだ。

利用できる期間

標準利用期間は2年まで。 必要性が認められた場合に限り、最大一年間の更新が可能(https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/shougaishahukushi/service/shurou.htmlを参照)。

どういった訓練をするのか

訓練内容は事業所によって全然違う。 事業所のHPに書いてある訓練内容と、実際の訓練内容の間にはかなり大きな違いがあることが多いようなので、就労移行支援を利用する場合には、利用体験に行った方がよい。